某国立大学・阿部研究室のブログ。ビジネスのコミュニケーションのことを、週1回ぐらい書きます。
カテゴリ
全体
経営学
私見
社会学

論文草稿・メモ
Communication
IT
Profile
講義・組織情報論
講義・組織コミュニケーション論
ゼミナール
未分類
以前の記事
Bookmark
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
借金で首が回らなくなる?!
from エピキュリアンズ・カフェ--..
イジメと戦争関連・まとめ
from ビジネス・コミュニケーション..
福田和也『地ひらく』(エ..
from ビジネス・コミュニケーション..
半藤一利・秦郁彦ほか『昭..
from ビジネス・コミュニケーション..
その次、へ
from かめ?
赤木智弘さまへ
from かめ?
ニューメディアと技術の創発性
from ビジネス・コミュニケーション..
天国と地獄--役所の形式..
from ビジネス・コミュニケーション..
天国と地獄--役所の形式..
from ビジネス・コミュニケーション..
Test.jp -- あ..
from スーパーサイヤ人
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
教養のための読書案内--国語系追加
(主にゼミ生向け)

 最近、ちくま文学の森シリーズを三冊ほど読みました(読んでいる途中)。金子光晴と開高健と折口信夫の三冊です。

 いやぁ、本当に上手くセレクトされています。いわゆる文学全集に載るような文学史的代表作というよりは、むしろまだ文庫化されていない(したがって世間一般には知られていない)ような作品も数多く載せられています。それと同時に、その作者のビギナー的な読者に対しても何を読めばよいか上手くセレクトされているように思います。

 たとえば、折口信夫の『古代研究』、学生時代にちょっと齧って興味が湧かないまま挫折してほっぽっていましたが、この文学の森では、古代研究に関する「追い書き」というのが入っていて、これが自身による解説であると同時に、なかなか文学としても味わい深いものになっています。『古代研究』本編をたくさん入れるのではなく、「追い書き」を入れることでビギナーにも読みやすくコンパクトにまとまっています。当然、代表作である「死者の書」も入っています。

 というわけで、ちくま文学の森シリーズ、全三十冊以上ありますが、全部を読書リスト入りにします。時間のある学生のうち、何冊か読んでおきたいですね。(小説は、若い時に読んでも、ピンとこないという説もありますが…)

 
[PR]
教養のための読書案内--理数系追加
(主にゼミ生向け)

 角川ソフィア文庫のシリーズが読みやすく、入手しやすいので追加しておきます。

 追加するのは、

富田恭彦 『科学哲学者柏木達彦の多忙な夏』

小島寛之 『世界を読み解く数学入門』

の二冊ですが、それぞれ続編も出ているので、そちらでも良いかもしれません。因に、私は間違って後者の続編『無限を読み解く数学入門』を買ってしまいました。『世界…』より読みづらいかもしれません。

 あと、数学というよりビジネス全般ですが、

東谷暁 『ビジネス法則の落とし穴』(学研新書)

も面白かったです。

 ただ、著者の評価はあくまで著者個人のもので、学問的定説ではないので、テストの回答に使うとバツにされることもあります。
[PR]
ジェームズ・スロウィッキー 『みんなの意見は案外正しい』
 2010年度の組織情報論、準教科書として

ジェームズ・スロウィッキー 『みんなの意見は案外正しい』(角川文庫)

を採用することになりそうです(後期までまだ時間があるので正式決定ではありませんが、今のところ有力候補です)。

 この本、今まで組織情報論で取り上げた、集団の意思決定の問題や、コラボレーションの問題やら、ちゃんと著者が学術論文に当たって、わかりやすく(私よりもわかりやすく?)解説してくれているのです。今まで教科書がなくて苦労しましたが、これなら安くて学生も購入しやすいし、私の授業とは関係のない章もありますが、そういう所も社会人としての教養としていずれは役に立つでしょう。
 
 それにしても、著者はジャーナリストのようですが、よくありがちな扇情的・感情的などこかのジャーナリストと比べると、よく勉強してますね。
a0047321_16443520.jpg

[PR]
ファレルのコラボレーションの社会学
Farrell, M. Collaborative Circles, Chicago U.P.

の方は、先日グーグルで検索したところ、この分野の古典中の古典であるにもかかわらず、日本ではほとんど全く紹介されていないようですね(web上に載っていないだけかもしれませんが)。

 まぁ、こうした状況になっているのも、私の頑張りが足りないせい、というのも一因かもしれません。反省、反省。
a0047321_16301494.jpg

[PR]
2010年度・組織情報論
 今年は、チーム作りとコラボレーションに焦点を当てて進めます。

 昨年も、

キース・ソーヤー 『凡才の集団は孤高の天才に勝る』(ダイヤモンド社)

Farrell, M. Collaborative Circles, Chicago U.P.

を取り上げましたが、今年はもっと中心的テーマに据えて勧めたいと思っています。

 ソーヤーの著作は、邦題がアレですが、社会心理学分野におけるコラボレーション研究のマイルストーンと言っても良いでしょう。ファレルの著作よりもビジネス寄りだし、何より邦訳もあるので取っ付きやすいと思います。
a0047321_9441598.jpg

[PR]
理系の才能
 私は、元々理科系の方が向いているというか、どちらかと言えば文系より才能あるのではないかと思いつつ、文系の大学・学部に進学しました。しかし、いざ研究者の道を歩み始めて、理科系の関心を活かすべく、社会情報学やシステム論などを学びましたが、結局今やっているのは、一部を除いて非常に文系的色彩の強い分野になっています。

 とは言うものの、東大出身者(学部)の人のように、元々理科系の学部にいたけれども文転しましたなんていうたいそうなものではないので、数理的な分野で競争していくにはあまりにも遠く、結局これで良かったのですが。


<追記>
 そういえば、二十代の後半から終わり位、公務員試験向けの専門学校でバイトをしましたが、東工大の数学専攻のOBより、数理的問題が何回か(毎回ではない)出来た記憶があります。と言っても、本物の数学では、知識が足りないので勝負になりませんが。
[PR]
# by choimaji | 2010-03-08 13:15 | Profile
ホームページができました。
ビジネス・コミュニケーション研究所のホームページができました。こちらは、主に企業向けの研修を扱っています。
[PR]
# by choimaji | 2009-12-31 16:21
昔に比べて官僚がダメな理由
 城山三郎の小説を基にしたテレビ・ドラマが意外に人気だったようです。今回の八月の選挙の大きな焦点は、官僚の暴走をどの政党が止めるのか、だったと私は考えています。

 さて、昔は優秀で、国民の信頼を勝ち取っていた官僚は、なぜこんなにダメになってしまったのでしょうか? これは、ここ数年、私が考える大きな疑問の一つです。

 以下に挙げることは、その完全ではないですが、一応の今の答えです。

・世の中の複雑化

 単純に「欧米化」や「進歩の時代」ではない、ってことですね。以前は、「アメリカのマネをすれば良いとか、単純にスピード・アップ、大量化ですんでいた時代は、それほど頭を使わずに(クリエイティブな発想は要らずに)お手本を真似していれば済んでいたのが、現在はそうはいかないことが増えて来たということが挙げられるでしょう。

 やはり基本的に、官僚の思考(指向)というのは、お手本がある、あるいは、政治家がきちんと具体的にビジョンを掲げてこそ、成り立つものだと思います。

・先見性のある人は官僚にならない

 そもそも、失礼な言い方ですが、ビジネス・センスが合ったり、先見性のある人は官僚にならなかった、と思います。もう二十年位前(学生時代)のことですが、私は、「今時高級官僚になろうなんて、デメリットが多過ぎるんじゃないか」と考えていました。これを人に話すと、「いやぁ、官僚には巨大な権力があって、それを使う楽しみがあるんだよ」と返答されたものです。

 それはそうなのですが、今や、その「巨大な権力」って、無駄な特殊法人作って天下りを増やすとか、あまり国民のために使われていないですよね。要するに、二十年前の私は、そういうことも含めて何となくですが見通していたのです。

 ある程度先見性のある人なら、「何となく」かもしれないですが、そういうことを予想できるんじゃないでしょうか。言い換えれば、ある程度以上「先見性のある人は官僚にならない」ことが多いと言えると思います。

・東大(法学部)教授の小ぶり化

 以前は、丸山真男のような大物がいた法学部も、今は、それなりの人はいるのでしょうが、丸山ほどの人はないのではないでしょうか。

・制度化の進行に伴う学生の小ぶり化

 ご存知のように、近年東大に合格する学生の多くは、私立や国立の中高一貫校出身者です。ほとんどこれは、コースとして確立されている観すらあります。このような制度化が進むにつれて学生も、やはり小ぶりになってきたような気がします。黒野耐によれば、陸軍の教育が制度化するにつれ、実社会と乖離する側面が増えて来たようですが、似たような現象だと思います。

 <以下続く>

[PR]
# by choimaji | 2009-09-12 09:05 | 私見
『東京クラス・ライフ』の山奥大学出身の主人公
 学生のインターンシップ・事前レポートというのを読んだのですが、「自分は何をしたいのかわからない」「特別な経験がない」というセリフが頻繁に出て来て、本当に無個性なものが多かったです。

 そういうのを読んでいたら、九十年代初期頃の、ホイチョイ漫画『東京クラス・ライフ』を思い出しました。この漫画の主人公(大学四年位?)は、すでにある程度成功し、東京ライフを満喫している親戚のオジさんの前で、企業面接のつもりで自己紹介しろと言われ「私は山奥大学出身で、テニス・サークルに所属し」云々と始めるのですが、「まるで特徴がない」と一蹴されます。学生レポートの大半が、まさにそんな感じなので、ああ、そう言えばこんなのがあったなぁと思い出したのです。

 『東京クラス・ライフ』は、無名大学出身の主人公が、(大学出身者としては)底辺の方から東京生活を始めて、オジさんの手ほどきを受けながら、クラス・アップしていこうという内容でした。まぁ、ホイチョイの漫画ですから、かなり誇張やジョークが含まれているのですが、真面目な書物にはない真実味があって中々印象深かった記憶があります。

 私の勤務先の大学は、偏差値に比して給料の高い企業に就職できる、ナンバーワン(文系の中で)「お買い得大学」ですが、先の学生たちが、この漫画を読んだら、どういう反応をするのでしょうか。

 もっとも、見方を変えれば、(社会科学的な意味での)官僚制というのは、ロボットのような無個性・没感情が求められるわけで、上のような学生は、かえって優秀なのかもしれません。

[PR]
# by choimaji | 2009-07-15 17:16 | 私見
政治の世界も大抜擢が必要だ。
 東国原知事の国政登用、あまり評判が良くないようですが(世論調査では「反対」が半数以上)、私は、「賛成」です。

 なぜなら、下の記事に書いたように、現在は「閉塞の時代」です。この閉塞を打ち破るのは、大抜擢しかあり得ないからです。

 躍進の時代を終えて社会が段々安定してくると、日本のようなタテ社会では、徐々に、敵が少ない無難な人物が出世していく傾向があります。さらにこの傾向が酷くなると、無難というより凡庸な人物が重要な職に登用されることがあります。

 かつての日本が第二次世界大戦にズルズルと没入していく過程にも、このように石原莞爾のような異端的天才を排して、東条英機のような凡庸な秀才を登用していくという事実がありました。これは、閉塞・混乱時代のタテ社会における象徴的人事と言えます。

 話を戻しましょう。

 東国原氏は、「宮崎のセールスマン」としての能力は置いて、確かに国政政治家としての能力が高いかと言えば、多分それほどは高くないと思います。しかし、一つは「地位が人を作る」という点があります。戦後、財閥系の企業の重役の多くが追放されたとき、中堅・若手の者が重役として抜擢されました。彼らは、最初は戸惑いもあったかもしれませんが、気概を持って、かつての年老いた重役以上の活躍をしたように思えます。

 また、元お笑い芸人で、政治家としては、ぽっと出の人が、もし地方分権担当大臣にでもなれば、そのことが多くの人に勇気を与えて、「俺も俺も」と言う人が出てくるでしょう。これは、「閉塞の時代」に活気を与える出来事です。

 まぁ、万一東国原氏のおかげで自民党が政権維持をしたなんていうことになると、「日本の掃除」が進まないので、一長一短(賛成でも反対でもない立場)かもしれません。

[PR]
# by choimaji | 2009-07-15 14:57 | 私見